動画編集のオンラインツール10個まとめ(無料大半)|レビュー|2020

現在の技術水準でインターネットコンテンツの究極的な形態は動画になる、という説があります。実際もそのとおりで、YouTube動画やTikTok動画の観賞と製作は大勢のネットユーザーの間、盛んに行われています。

動画内容生産のニーズが急激に高まっている中、綺麗な動画を簡単に加工できるツールも自然に求められています。従来の動画編集ソフトは機能が強い一方、インストレーションとデバイスのスペックにも制限されやすいです。動画編集のWebツールはそういう問題を回避できます。

場所を問わずタイムリーに動画を編集して投稿するなら、クラウド上で使用できる動画編集のオンラインのツールを使えば、利便性がかなり高いです。今回はその動画編集のサイトやWebツールを10個まとめて紹介していきたいと思います。

中には、複数の機能を持つツールが多いので、それぞれの主要機能をリストの形でまとめたいと思います。

 

1.WeVideo

名称料金日本語対応
WeVideo無料利用可;$4.99毎月から$29.99毎月までなし

動画編集のオンラインのツールとして、WeVideoはプロな大型の動画編集ソフトに劣らない編集能力を示しています。例えば、グリーン幕で背景を置換したりとか、たくさんの形式で出力したりすることができます。SNS、ウェブサイト、スマホン映えの動画を作成できるonline video editorです。

たくさんの動画素材が提供されていて、テーマに合っている動画クリップを簡単に見つけて自分の動画に挿入することができます。しかも以下の特徴があります。

  • 急速的にアップロードできます。
  • 百万を超えた動画クリップ素材の数
  • 多システム、端末対応で、モバイルデバイスのアプリがあります。

 

2.Clipchamp

名称料金日本語対応
clipchamp無料利用可;$9毎月から$19毎月まであり

clipchampオンライン動画編集

clipchampの最大のメリットはテーマの別でまとまったテンプレートです。動画を作成するために、自ら動画をアップロードしなくて、ストックの動画素材を組み合わせるだけでも、綺麗な動画を作成できます。

編集のページでは、テキストとメディアの追加、特殊の過渡効果、背景の変換を実現することができます。無料で使用できますが、プレミアムの機能の使用は有償です。

  • 動画圧縮機能
  • 編集をクラウドと同期できます。
  • 1080PのHDの出力品質
  • ロゴをカスタマイズできます。
  • ピクチャー・イン・ピクチャー

 

3.Online Video Cutter

名称料金日本語対応
Online Video Cutter無料利用あり

online video cutterオンライン動画編集

Online Video Cutterはその名前通りに、動画のカットを主な機能とするオンライン動画編集のオンラインのツールです。高級な編集機能や綺麗な画面を求めるではなく、ただ動画トリミングのような基本編集機能のできる便利なツールを探している方にはおすすめです。

このツールで自由に動画の画面をトリミングできます。また、画面の回転、動画の変換。しかも、これらの機能は全部無料で使用できます。以下の特徴もあります。

  • ほぼ全部の主流のフォーマットをサポートしています。
  • 操作が簡単です。
  • 最大500Mbのファイルを入力可能です。

 

4.Clideo

名称料金日本語対応
clideo$9毎月なし

clideoオンライン動画編集

Clidoは動画メディアだけではなく、画像や音声を取り込んで動画を作成したり編集したりすることのできるオンラインの動画編集のツールです。Mp4の編集だけでなく、大多数のメディアのフォーマットをサポートしていますので、クリエイトの自由度が高いです。

YouTube、Instagram、Facebookなど主流の動画サイトに対応できる動画のサイズ、解像度などをプリセットとしているので、各サイトのために動画を細かに設定する手間を省けます。

公式サイトのフッターで動画編集の機能は22個まとまってあり、リンクをクリックすれば対応に機能ページに行けます。各種のニーズはてっきりに満たせます。

  • 動画融合
  • 動画循環
  • 動画逆再生
  • ストップモーション
  • 動画サイズ変更
  • などがあります。

 

5.Adobe Spark

名称料金日本語対応
Adobe Spark無料利用可、HK$68毎月からHK$148まであり

Adobe Sparkオンライン動画編集

Adobe SparkはAdobe会社による完全無料の動画編集のオンラインのツールです。このツールで画像、音声、動画、文字など各種のメディアにエフェクトを付けることで、SNS映えの素晴らしい動画を作成することができます。

シーンから次のシーンまで、綺麗な過渡効果を付け加えることができるので、インパクトのある動画を加工できます。予備されているレイアウトを選ぶことで、メディア素材を自由に組み合わせることができます。

 

6.Magisto

名称料金日本語対応
Magisto無料試用あり、$9.99毎月から$69.99までなし

Magistoオンライン動画編集

Magistoは動画コンテンツでマッケティングを拓きたいユーザーを主な顧客とするオンラインの動画編集ツールです。内容が豊富な動画素材のストックでユーザーにSNS映えの動画とマッケティングのニーズに合致できる動画を作ってもらえます。

動画編集のオンラインのプラットフォームであると同時にAIによって駆動されたオムニチャネルビデオマーケティング配信のプラットフォーム、ビジネス動画データ分析のプラットフォームでもあります。

オンライン動画をテーマ或いは用途の別で内蔵のプリセットを利用して加工できます。

  • 誕生日
  • 結婚式
  • フィットネス
  • Instagram
  • Shoplifty
  • Vimeo

などです。

 

7.Kizoa

名称料金日本語対応
Kizoa無料利用可、¥3980毎月から¥39980まであり

kizoaオンライン動画編集

動画編集のオンラインのツールとして、Kizoaはかなり整備されているアドバイス機能を持っています。このプラットフォームで、基本的な編集やタッチアップをすることができる他、ピクチャーインピクチャーのシーン、動態的なテキスト、GIFs作成など特殊の効果を実現できます。

動画のトリミングをすることができると同時に、クラウド上で処理のスピードはとても速くて個人のパソコンより速いスピードまでなることが可能です。この強力のツールの無料で使用できる同時に、五つのレベルアップが合理的な料金プランを並べています。

  • 動画のピクチャーインピクチャーとコラージュを作成できます。
  • フィルター、オーバーレイ、色変換などの効果があります。
  • たくさんのテンプレートがあります。
  • 使い方は簡単で、多くの操作はワンクリックで実現できます。

 

8.Biteable

名称料金日本語対応
Biteable無料利用可、$19から$99までなし

Biteableオンライン動画編集

前記の動画編集のオンラインのツールが全部の機能を一つのインターフェースに詰めることとは異なり、Biteableは一つの編集ツールごとに一つの機能を絞ります。なので、わりと軽量のオンラインの動画編集ツールです。が、その機能が強くないわけではありません。全て編集ツールはホームページに簡潔にまとまっています。

  • トリミング
  • クロップ
  • 音声削除
  • 字幕添加
  • 動画結合
  • 動画リサイズ
  • などがあります。

Biteableもたくさんのテンプレートをユーザーに提供しています。しかも全部無料で利用できます。しかし、無料版のサービスを利用する場合、ダウンロードした加工済みの動画にはウォーターマークが付きます。

 

9.Kapwing

名称料金日本語対応
Kapwing無料利用可、$20毎月なし

Kapwingオンライン動画編集

Kapwingも基本の編集機能に長けている動画編集のオンラインのツールです。Biteableとは類似して、わりと軽量的なオンラインツールとして、リスポンスのスピードはかなり速いです。用途の別で一定の数量のテンプレートも予備しています。

もう一つのメリットはオンライン動画のURLをコピーして、直接的にKapwingのオンラインエディターで開いて二次加工をすることができることです。

Kapwingは以下の基本機能を持っています。

多種類のメディアの加工できます。

  • ミームメーカー
  • 字幕添加
  • 音声添加
  • 動画リサイズ、MP4のトリミング
  • 動画循環

 

10.Renderforest

名称料金日本語対応
Renderforest無料利用可、HK$79毎月からHK$399まであり

Renderforestオンライン動画編集

Renderforestはテンプレートに基づく編集機能をユーザーに提供している動画編集のオンラインのツールです。正確的に言うと、このツールはストックの素材から新しい動画の作成のみをサポートしています。自ら動画や画像などのメディアをアップロードして加工することができません。

こういう動画作成のモードは台本の可視化を重点に据えた動画作成にはとても向いていると思います。テンプレートのクリップは常にシリーズの形で並んでいてたくさんのシーンがあるので、一本の動画作成をする際、同じシリーズの動画素材を各シーンに応用すればいいです。

  • 人工知能(AI)でのロゴ作成
  • AEほどの粒子効果の動画
  • 色テーマの変換、画像、音声、テキストの追加ができます。
  • 用途の別で分類された豊富な3D、アニメ動画のテンプレートです。

 

まとめ

今回のオンライン動画編集のvideo editor onlineを10個選びました。どちらもオンラインで動画を編集することができますが、主要機能、カタチ、特長は微妙に異なります。それぞれ使用の価値を持っています。今回の記事はあなたがオンライン動画編集ツールの選択に役立てばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください