印鑑透過をして背景ない電子の印鑑に変えるツールまとめ

電子の印鑑を付ける際、既に持っている印鑑 スキャンしてそのままpdf 電子印鑑などとして使えば、いつも印鑑付きの書類を見る商売の相手などの人にとっては、より真実感があり信頼できると感じられますね。ほかの紙の書類とも一致性を保ちやすいです。

けど印鑑の画像をそのまま使えば、紙の白っぽい背景があり、パソコンでそれを書類にある名前やデータの上に置くと、下の内容を遮ってしまうようになります。この場合、印鑑透過をする必要があります。

画像編集のプロソフトでは、この作業をしてもいいですが、仕事は効率が命なので、今回はより便利な電子印鑑 透過 フリーで作るツールを紹介したいです。手軽に印鑑透過をすることができます。

今回使った印鑑画像の例はこれです。

印鑑画像サンプル
247×258px、JPG

Part1: 印鑑透過の専用ツール3選

1.印鑑透過

印鑑透過-印鑑画像から作る

完全無料の印鑑透過のオンラインツールです。名前を入れて自動的に電子印鑑を生成するサービスもあり、本当の印鑑から作る画像や写真をアップロードして自動で背景が透過された電子印鑑 透過 フリーに生成するサービスもあります。

印鑑透過ツールの使い方が簡単です。

Step1: 「ファイルの選択」のボタンをクリックして画像を取り込みます。

Step2: もし元の画像にある印鑑の朱色が淡くなっちゃった場合、「濃くする」にチェックを入れて自動で着色することができます。

Step3: 「アップロード」をクリックして自動で透過→着色→ダウンロードのプロセスを完成します。

保存した画像はPNGの形式の背景がない画像です。

 

2. 半透明画像ファイル作成君

半透明ファイル作成君

この小型ソフトは無料で気軽に印鑑透過をすることができます。ソフトのサイズは2MBしかありません。大多数の印鑑透過のツールでは、一回に一つの色しか選択して透過できないのに対して、このツールを使えば、透過させたい複数の色を事前に一気に指定した後、一括で透過させることができます。また、処理をかけた画像はデスクトップの上に浮かんで即座にプレビューできるのも非常に便利です。このリンクをクリックしてソフトをダウンロードしましょう。

上図を参考しながら、その使い方を見ましょう。

Step1: 数字1のボタンをクリックして印鑑画像ファイルを開きます。

Step2: 数字2のボタンをクリックして左端に「アルファデータ」設定のウィンドウが現れます。そこで「透明性」→「透明」をクリックします。

Step3: 数字5の所で「色設定」をクリックし、そして数字7のプレビューのセクションで透過させる背景の色をクリックして選びます。

Step4: 数字6の「透明色」の幅のとこで、数字7にある印鑑の後景が完全に消えるまで、数値を大き目に調整します。

 

3.Jtrim

Jtrim印鑑透過

Jtrimは小型の画像クロップ、電子印鑑 透過 フリーソフトとして、わかず1.5MBのサイズしかなくて、インストールさえ要らないです!しかもWindows 7でも利用できるので、各バージョンのWindowsシステムと良い互換性があります。印鑑透過の作業にはとても向いています。このリンクをクリックしてJtrimをダウンロードしましょう。

Step1: 印鑑の画像を入力してから、上図にある市松模様のボタン1をクリックします。

Step2: モノクロとなった画像をボタン2で表示の比例を大きくしましょう。

Step3: ボタン3で鮮やかな赤色を黒の部分に着色します。

Step4: ボタン4で画像の白い背景をクリックして透過させます。

作業中には、何かのステップを間違ったら、Ctrl+Zで前の状態に戻ることができます。そもそも背景色は完全に単色な場合、直接的にStep4に則って印鑑の背景をなくすことができます。

 

Part2: 印鑑 画像 透過機能のあるオンライン編集ツール3選

1.Lunapic

lunapic印鑑透過

Lunapicは様々な画像編集の機能を整った無料の画像編集のオンラインツールです。電子印鑑 透過 フリーですることも可能です。そのインターフェースはとても簡潔で、各機能やツールは綺麗に表示されています。内蔵の透過機能を活用すれば、印鑑透過はすごい簡単になれます。

ちょっと不便な所は、ウェブページに載せたツールなので、一つの手順を完成すると、ページがリフレッシュされます。なので、できるだけ頻繁な操作を避けた方がいいです。

Step1: メイン画面の上端にある「edit」というドロップダウンのメニューから最後の「Transparent Background」のボタンをクリックします。

Step2: 透過しようとする印鑑の後景をクリックします。

Step3: 「Mode」から「transparent color」(上図)をクリックして印鑑画像にある同色の後景の領域を全部なくします。

 

2.BANNERKOUBOU

bannerkoubou印鑑透過

BANNERKOUBOUもLunapicと同じように、様々な画像の編集の機能があるウェブツールで、電子印鑑 透過 フリーで行えます。それより便利なのは日本語があるところです。このツールを使って印鑑透過をすることができるほか、拡大縮小、回転、色取得、文字入れ、お絵かき、スタンプ加工など様々な編集ができます。印鑑透過をするのも結構簡単です。Lunapicらしく、ウェブツールなので、クリックごとにウェブページがリフレッシュされるので、操作の頻度を少し控え目にしたほうがいいです。

Step1: 画像透明処理のページから「画像を選択する」ボタンを押してアップロードします。そして「画像を加工する」ボタンを押して編集セクションに入ります。

Step2: 「隣接」のオプションで(上図)、「隣接外の同色も処理」をクリックします。そして印鑑画像の背景となる領域をクリックしたら、透過が完成です。

Step3: 完成した印鑑をダウンロードします。

「近似値」のオプションはLunapicの「threshold」に相当です。色の範囲の大きさを示すパラメータとして、ちょっと差があった色で構成される領域を透過する際には非常に役立ちます。

 

3.PIXLR X

PIXLR印鑑透過

PIXLR Xはオンラインの画像編集ツールです。その基本の編集機能は無料でも利用できます。この電子印鑑 透過 フリーツールで簡単に美しい画像のコンテンツを作り出すことができます。pdf 印鑑 透過などするには絶対に便利です。日本語のインターフェイスもあるので、使用の利便性はかなり高いです。印鑑の陰影を透過させるには、無料の機能では十分です。その使い方を見ていきましょう。

Step1: まず、PIXLRのホームページからPIXLR Xを選び、編集インターフェイスに入って、印鑑画像を取り込みます。

Step2: 数字1のはさみのカットアウトのツールを選びます。そしてカットアウトのパネルが現れます。

Step3: 「ツール」を数字2のマジックツールを選び、「モード」を「消去」にし、「公差」を少し大き目に調整して、「隣接部分のみ」のスイッチをオフにします。

Step4: 印鑑画像の所で背景色をクリックしたら、印鑑透過が成功にされます。そして、下にある「保存」のボタンをクリックして透過した画像をダウンロードします。

 

4.透過画像作成

透過作成ー印鑑透過

このオンラインツールを使って、画像にある同色の内容を全部で一気に削除することができます。印鑑透過をするのにはとても向いています。電子印鑑 透過 フリーで加工できるツールとして、インターフェイスはすごい直感的なので、気軽に利用できます。完成した画像の様子を見ると綺麗度が高いです。それでは、使用の手順を紹介します。

Step1: 「画像を選択」のボタンから画像をアップロードします。

Step2: 透過したい印鑑画像の後景を構成する色をクリックして、透過色を選びます。

Step3: 右では透過後の印鑑の様子をプレビューできます。そこの上にあるダウンロードをクリックして、画像をダウンロードします。

一つの所をご注意ください。「類似の色調範囲」で透過の色を範囲でなくせますが、色はすこし差が付いた領域で、色のより濃い所をクリックして色を選びましょう。淡い色を選ぶ際、色調の類似程度で範囲を拡大しても濃い色をカバーできない状況があります。

 

 

Part3:オフィスで印鑑透過をする3つの方法

上で紹介した方法の他、実はマイクロソフトオフィスのセットソフトを使っても、透過の印鑑を作成することができます。他ソフト、オンラインツールなど一切いらなくて手元にある最も便利な電子印鑑 透過 フリーツールかもしれません。では、これからはWord、Excel、PowerPointで如何に印鑑透過をする方法を紹介さしてもらいます。

 

1.Wordで印鑑透過

word印鑑透過

Wordで印鑑透過をする場合、「透明色を指定」という機能を利用すれば、透かせたWord電子印鑑を簡単に作成し、書類の本文の上に置くことができます。具体的な手順を紹介いたします。

Step1: Wordを開いて「挿入」のタブに切り替えて画像を取り込みます。

Step2: 入力した画像をクリックして、「書式」のタブが上に出てきます。「色」のドロップダウンのメニューを開いて「透明色を指定」のボタンをクリックします。

Step3: 印鑑画像の後景となった画像の色をクリックして、透過の印鑑をゲットします。

そして、「折り返し」のオプションで「前面」に変えると、透過した印鑑画像を本文の上に置けば電子印鑑 word で押すようになります。近似色を指定しての透過機能がないので、Wordで色を範囲的に透過できないのでちょっと不便です。

 

2.PowerPointで印鑑透過

PowerPoint印鑑透過

PowerPointで印鑑透過をするのはWordと全く同じ手順で行うこともできますが、背景色が均一でない場合、同色の透過モードはそれを完全に取り除けないケースがあります。(Wordでもこの問題がありますが、PowerPointになると上図にある数字3のようにもっと無視できない感じです。)なのでパワポンが内蔵している画像修整の機能を使って印鑑画像を事前に処理する必要があります。具体的なステップを紹介します。

Step1: 印鑑画像を取り込んで数字1のようになります。

Step2: 印鑑画像をクリックして「書式」のタブに切り替えて「修整」のボタンをクリックして「明るさ/コントラスト」の部分で一番右下にある「明るさ+40% コントラスト+40%」を選びましょう。そして数字2の感じとなります。

Step3: Wordと同じように「色」のドロップダウンのメニューを開いて「透明色を指定」のボタンをクリックして印鑑透過をします。

 

3.Excelで印鑑透過

Excel印鑑透過

ネット上では常にエクセル 印鑑を作る方法とか、電子印鑑 エクセルに押す方法とか探すユーザーが多くいます。実は、印鑑 スキャンした画像あれば、Excel自体でエクセル ハンコを簡単に作り上げることができます。

Excel 電子印鑑の透過をする手順はパワポンの手順どおりにすればいいです。オフィスの機能セクションのインターフェイスは大体同じな感じなので、使用する際はお互いに参照することができます。エクセルを使って透過した印鑑の感じは上図のようです。

 

まとめ

電子印鑑 作成するために、既にある印影 画像から印鑑 透過するのは非常に便利です。印鑑透過の基本の原理は、普通では印鑑の後景となる色は単色で均一なので、同色の領域を透過させることのできるツールでそれを透かれば、スケスケなPNG形式のデジタル電子印鑑を作成できます。

印鑑透過の要点はいかにちょっと色に変化があった印鑑画像の後景をきれいに取り除くことです。

方法一:は近似色で多色を選択できるツールを使います。

方法二:前もって印鑑画像の後景のコントラストや明度を増やして単色に近づかせます。

以上の考え方に則って同じような電子印鑑 透過 フリーツールはまだ多いです。pdf 印鑑を作成するのは同じ方式でいけます。今回のツールはあなたのヒントになれれば幸いだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください