強力の動画編集のオンラインエディタ―WeVideoの紹介と使い方(2020)

WeVideo ホームページ

WeVideoはとても優秀な動画編集のオンラインのツールです。使用の簡易性から言うと、かなり包括的な機能を持っている同時に、WeVideoは使い方が簡単だと思います。ですが、タイムラインに基づく操作のロジックはまだ多数の動画編集ソフトから逸脱していません。入門者にとって、作業を始める前に、少し勉強する必要があります。

今回はWeVideoの基本的なインタフェースとよく使われる機能について解説させてもらいます。

名称種類プラットフォーム料金日本語対応
WeVideo動画編集 オンライン各システムうのPC、タブレット無料利用可;毎月$4.99から$29.99までなし

 

WeVideoとは

WeVideoは動画編集のオンラインのツールとして、大型の動画編集のソフトと比べて劣らない編集のメリットを持っています。

  • 編集のプロセスは全部オンラインなので、デバイスのスペックに制限されることなく編集可能です。
  • 動画編集はクラウド上でプロジェクトを同期することで、オンラインで保存したり読み込んだたりすることができます。場所に制限されないことです。
  • 他のウエブサイトとオンラインで動画を共有することができます。例えば、OneDrive、GoogleDrive、YouTube、Facebookなどです。

 

We Videoはどんな編集機能を持っていますか?

  • 動画クリップのトリミング
  • テーマの別でまとまった数多くの動画テンプレート
  • テロップ、字幕、キャプションの挿入
  • 画像、音声も素材として導入可能
  • グリーン幕を利用する背景の変換
  • アニメーション式のテキストと画像

などの機能をWeVideoは持っています。

 

WeVideoのインターフェースから了解しましょう。

今回はWeVideoの無料サービスを事例とします。ホームページからGoogleアカウントを使って登録します。そして提示の通りに編集のインターフェースを乗せているページを起動しましょう。

WeVideo 登録

したの画像の示すとおりに、WeVideoで四つの主要機能があります。

WeVideo ダッシュボード

  • 動画編集
  • 録音録画
  • 動画からGIF画像を作成
  • 音声をポッドキャストに変換

今回は主に動画編集のオンリアン機能を例に挙げます。ほかの機能もメインインターフェイスから後で開くことができます。

メインインターフェースは四つのセクションから構成されています。

WeVideo インタフェース

セクション1:メディアと素材。ここからWeVideoが用意している数多くの動画、音声、テキスト、画像、背景の素材やテンプレートを利用することができます。自分の動画などのメディアもこのセクションにある「My Media」のタッブから取り込みます。

セクション2:プレビュー。素材や編集しているプロジェクトの全体をプレビューできます。セクション1にある素材やテンプレートをクリックすれば、素材のプレビューとなります。セクション4にあるすでに導入された素材をクリックすれば、その時間帯のプロジェクト全体をプレビューできます。

セクション3:タイムライン。横軸の数字表記は時間です。ドラッグとドロップとドロップの形でセクション1にある内容をここに導入できます。数本の音声や動画を時間関係によって編成できます。タイムラインにある全ての内容のアレンジはプロジェクトの最終状態にイコールです。

複数のメディアを収容できるように、タイムラインは上下でいくつかの区域に分けられています。この区域はレーヤー、或いはトラックとも呼ばれています、レイヤーの上下関係は重なっている素材の実際の上下関係に相応します。

セクション4:レイヤー(トラック)。ここで、タイムラインのすべてのレイヤーとその名前が表示されます。また、レイヤに対して追加、非表示、削除などの操作をすることもできます。

 

各素材、テンプレートに対する処理

プロジェクトの素材を処理したいなら、タイムラインに導入された素材をクリックして、素材加工モードのアイコンは表示されることになります。

動画素材を例にして説明します。左から右へ、それぞれクリップ編集、不透明度設定、フィルター(エフェクト)、削除という四つの機能です。

動画クリップの上端のセクション

クリップ編集のアイコンをクリックして、編集の項目はタブの形で表示されます。左から右へ、それぞれ字幕添加、動画変形、アニメ効果、色設定、背景削除、スピード調節という六つの機能です。

 

キーフレームで素材クリップを加工

前述の動画クリップの上にある不透明度設定のアイコンを使って、いかに不透明度の時間帯を指定しますか?

この問題を解決する前に、キーフレームという概念を理解する必要があります。あるエフェクトの起点と終点のフレームを決めることで、指定の時間帯にエフェクトを追加することができます。起点と終点のフレームはキーフレームと呼ばれます。また、二つのフレームにあるエフェクトの度合いに差をつければ、その時間帯に滑らかなエフェクトの変化を作ることもできます。

Step1:不透明度設定のアイコンをクリックします。そして、緑の直線はクリップの上端に吸い付くようになります。

WeVideo 不透明度の制御ライン

Step2:線をクリックすることで、点状のキーフレームを追加します。

WeVideo キーフレーム点

Step3:点のクリップにある高さを変えることで、キーフレームの所にあるエフェクトの度合いを決めます。下の方に行けば、不透明度が高くなります。

Step4:ある時間の両端にあるキーフレームの高さを調節して、エフェクトの度合いに差をつけることで、その時間帯の動画再生に滑らかエフェクトの変化を作り出します。

キーフレームの高さに差をつける

 

まとめ

WeVideoはオンラインのツールですが、機能がかなり整備されています。PRやDaVinciのような大型の動画編集のエディターのミニ版と見做してもいいです。しっかりした性能を持っています。

インタフェースの様式と使用のロジックは大型のエディターからそんなにかけ離れてないので、動画編集ソフトを深く学習したいなら、このツールから入門するのはおすすめです。日本語の表示はまだないので、単語を調べながら編集するのはちょっよ不便です。

1 comment / Add your comment below

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください