見栄のいい画像編集をする最上オンラインツールかも ▏Canvaレビュー ▏2020

Canvaはオンラインの画像編集ツールとして多くのユーザーに好かれています。オンラインというのは、ユーザーが直接的にCanvaの公式サイトかららウェブページを開いて提示通りに画像の編集を行います。パソコンに何かのソフトをダウンロードする必要はありません。

その美しくデザインされたホームページをぱっと見たら、直ぐに使いたくなったのは私自分が初めてこのツールを見た感覚です。実際もユーザーたちはこれで気持ちよく品質の高い、色んな用途に適応する画像を仕上げることができます。

一体はどういうツールなのか、これから詳しく紹介させてもらいます。

公式サイトが提示している特性

公式サイトのホームページにアクセスして紹介の部分を見て、三つの魅力点をまとめられます。

1)ドラッグとドロップの簡単な操作だけで、簡単におしゃれな仕様を作れます。

2)厳選された種類が数々のアイコン、フォントなどの素材を使うのは無料です。

3)世界中たくさんのファンからの信頼を誇っています。

主な機能:

1、プリセット形式のテンプレート機能

これはCanvaの最も大きい特徴です。画像がどこに使うかによってたくさんの種類のテンプレートをユーザーに提供しています。用途の別でおよそ60種類のかなり実用性の高いテンプレートがまとめられており、各種類の中にも数え切れないほどのテンプレートが使用可能です。パンフレット、ロゴ、Facebook広告、チェックリスト、メニュー、招待状、履歴書のほか、Zoom会議のバーチャル背景、しおり、数値を可視化する専門性の高いグラフさえ作れます。他にもたくさんあるので、いちいち見て思考を広げる価値があります。

2、編集パネル(インターフェース)の中の内容

一つのテンプレートをクリックして開くと編集パネルのウエブページが開きます。左側の列が示しているように、写真、素材、テキスト、動画、背景というエレメントを右側にある白い編集区域に加えることができます。どの類別のエレメントにもたくさんの美しい素材が予備されています。検索ボックスを利用して潜在の利用可能の素材を探してもいいです。

左側にある「もっと見る」をクリックして、他のサイトあるいはアプリとの連動や統合も簡単に実現できますので、外部から、画像、音声、サンプル図をオンラインで導入できます。

3、ブレンドキット機能とチーム作成機能

また「ホーム」に戻ると「ブレンドキット」と「チーム作成」という二つの利便性を大幅に高める機能を使えます。

ブレンドキットはつまりユーザーが元々の文字を含んだ画像、文字の色、文字のフォントを指定すると、元々の画像にある文字の様式を変えることができます。ロゴの独創性やほかのデザインとの合致性を求める時にとても役に立つでしょう。

チーム作成は名前通りに、何人か一つの編集タスクにアクセスでき、フォルダを共有することができるという機能です。

 

デメリット/良くない所

このサービスは評判である一方、よく使っているファンにとっていくつかの良くない所もあります。画像編集に関するフォーラムで以下のようなコメントを見つけました。

  • RAWファイル、つまり編集状態としてのソースファイルをエクスポートできません。PNG、JPG、PDFなどの形式で画像を出力できますが、さらなるアドバンスの加工にとっては十分ではないフォーマットです。例えば、パンフレットのテンプレートで作成した画像は本当の出版物レベルになっていないという評価があります。
  • 素材はSNSでユーザーに使われすぎてオリジナリティが失う傾向があります。もちろん、当社も新素材を加入しているようですが、素材庫を充実にするために、課金して有償ユーザーになる必要があるでしょう。
  • エレメントを添加、ページを新しいタッブで開く時、応答にちょっと時間がかかりますので、鈍い感じが時々します。
  • オンライン編集ですので、ネット通信が不安定、或いは当サイトのサーバ―がメンテナンスされる時、使用が非常に不便です。

1 comment / Add your comment below

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください