画像 透過のオンラインツール|海外ブランド|2020

はじめに

ネット上で画像透過の方法を探す際、Googleに日本語を入力して関連のツールを探すほか、英語を入力して国外のツールを探す方も多くいるでしょう。

例えば、remove picture background(画像の後景を削除する)、make a picture transparent(画像 透明化させる)などを入力すると、紛らわしいほど様々な英語で題されるツールが出てきます。

今回は切実に役立つ画像 透過の外国ツールを10個まとめて紹介したいです。今度画像透過ツールを選ぶ際のご参照になればと思います。

 

1.Pixlr

pixlr

価格:$4.9/毎月、無料で利用可能

動作環境:オンライン

Pixlrはオンラインの画像加工における専門性の高いツールです。「remove background」はその中の一つの機能で、ユーザーに数秒だけで後景を透過させることができます。また、ユーザーが複数の画像をアップロードして一括で画像 透過させることもできます。利便性が高いです。

Pixlrで画像 透過をする方法:

Step1:「Open Image」をクリックしてファイルをアップロードします。

Step2:自動の後景 除去のプロセスが完成するまで待ちます。

Step3:右端の「fine tune」(細かく調整)をクリックして編集パネルを開きます。

Step4:編集パネルで一つ目の「Draw」ツールを使ってさらにカーソルで画像にある要らない内容を透過させて削除すできます。二番目の「Magic」ツールで近似色のモードで画像 透過をすることができます。

Step5:成功に処理した画像をダウンロードします。

 

2.Slazzer

SLAZZER

価格:有料、無料で利用可能

動作環境:オンライン、Mac、Windows

無料でオンラインで画像の後景を削除するタイプの画像透過をしたいなら、Slazzerはおすすめです。この画像 透過のツールで後景を除去するなら、5秒以内で要らない後景を透過させることができます。しかも、境界線の付近にある部分は細かに透過できるので、ほとんどの写真タイプの画像を完璧に処理できます。

Slazzerで画像 透過をする方法:

Step1:画像をドラッグ&ドロップの方法でこのツールに取り込みます。

Step2:成功に画像 透過するまで暫く待ちま。

Step3:「Download」をクリックして結果を出力します。

 

3.Autoclipping

autoclipping

価格:$9.9/毎月

動作環境:オンライン

Autoclippingは無料のオンラインアプリです。このアプリで半自動の形で画像 透過をすることができます。最近では全自動で透過する機能も追加されましたが、正確さから見ると、まだ整っていない感覚と思います。手動で画像 透過をするのはそんなに難しくないので、薦めたいです。

画像 透過をする方法:

Step1:Uploadをクリックして画像をデバイスから開きます。

Step2:赤のペンを使って不要とする大体の範囲を赤く塗ります。緑のペンを使って残したい部分を塗りつぶします。そして透過画像が自動で出来上がります。

Step3:後景透過の白画像をダウンロードします。

 

4.Canva

canva

価格:$9.95/毎月

動作環境:オンライン

Canvaは各シーンで応用できる実用性の高く、スタイルの華麗なテンプレートをユーザーに提供するオンラインの画像編集のツールとして、機能はとても強くてすごい人気を集めています。もちろんこのツールでも画像 透過の作業ができます。Background Removerで後景が白い画像を作成できますが、プレミアム機能なので、課金する必要はあります。初回の利用なら、30日の試用期間でそれを無料で利用するのは可能です。

画像 透過をする方法:

Step1:画像を「Canva」にアップロードします。

Step2:編集エリアで画像をクリックして、上端から出る「エフェクト」のボタンをクリックします。自動で後景に対する画像 透過を行うことができます。

Step4:上端の右にあるモザイクのような画像のボタンをクリックして、スライダーで画像全体の透明度を設定することができます。

Step5:完成した透過 画像をCanvaから出力します。

 

5.PhotoScissors

photoscissors

価格:$29.99

動作環境:オンラインとWindows と Mac

Photoscissorsは綺麗に後景を画像 透過させることのできるオンラインのツールです。このツールはオンラインで利用できるほか、WindowsとMacのソフトウェアもユーザーに提供しています。

オンラインで使う場合、ユーザーはペンツールを使って画像 透過させない領域を定めることができます。髪ツールを使って、髪の領域を指定することで、画像 透過の精度を一層高めることができます。有料のツールとして、無料で利用可能ですが、出力の画像品質は制限されています。

画像 透過をする方法:

Step1: 画像をアップロードして編集インターフェースが出てきます。

Step2:自動の画像 透過が終わった後、ほかに残したい領域がある場合、ペンツールで塗りつぶします。

Step3: 完成した透過画像を出力します。

 

 

6.Befunky

befunky

価格: $4.99/毎月

動作環境: オンライン

Befunkyも使いやすい画像 透過の機能を備えたオンラインの画像編集ツールです。基本の機能を使うのは無料ですが、スマートの画像透過などより高い制御をもたらす機能を使用したいなら、有料プランにアップグレードする必要があります。緑の「Remove Background」のボタンをクリックすると、スマートで画像透過を高い精度で実行できます。出来上がった画像の境界線はとてもはっきりしていて、硬い線など不自然な所がほとんどないです。

内蔵のほかのツールで無料で画像 透過させることもできます。「Lasso」「Polygonal Lasso」(多角型選択ツール)を選び、被写体の境界に沿って線を伸ばして被写体を囲むと、被写体を選定でき、それ以外の要らない領域を画像 透過させることができます。使い方、制御のレベル、最終効果の三つを見ると、全部満足のいくものと思います。

画像 透過をする方法:

Step1:画像をBefunkyの「background-remover」ページからアップロードします。

Step2:「Remove Background」のボタン或いは「Lasso」ツールで画像透過をします。

Step3:完成した画像を出力してください。

 

7.Lunapic

LUNAPIC

価格:無料

動作環境:オンライン

Lunapicも多用途、多機能のオンライン画像加工のツールとして、画像 透過の機能も含んでいます。すべての機能の入り口をホームページにまとめているデザインはユーザーには優しいと思います。インターフェース全体は画像編集ソフトのように整っています。

このサイトでは同系色で透過の内容を指定する形で画像 透過をすることができます。つまり、画像のある領域をクリックして、そこの色またはそれと似た色の全体は画像から透過させることができます。「Threshold」(近似値)で色の類似程度を決め、「Mode」で隣接の領域のみを透過するか、画像全体で施すかを決めることができます。

画像透過をする方法:

Step1:画像をアップロードします。

Step2:ホームページの上端から「Edit」>「Transparent Background」の順で画像透過のツールに行きます。「Threshold」(近似値)と「Mode」(モード)を決め、画像でクリックして画像を透過させます。

Step3:完成した透過画像を出力してサイトからダウンロードします。

 

8.Onlinepngtools

online png tools

料金:無料

動作環境:オンライン

Onlinepngtoolsは画像形式変換、クロップ、画像 透過の機能を提供しているオンラインのツールです。画像透過をする場合、PNG画像をアップロードしてから、透過したい色或いは色の範囲を決めて。画像にあるその色系の内容を透過させることができます。画像をアップロードしたら、このサイトは自動で画像にある透過色を決めてくれます。もちろん、手動で改めて設定することもできます。

画像透過をする方法:

Step1:画像を左側のセクションからアップロードします。

Step2:下の「options」のとこで、透過色とパーセンテージで定義された類似色の範囲を決めます。

Step3:右のセクションから、成功に透過した画像を出力します。

 

9.Adobe Spark

Adobe Spark 画像透過

料金:2ヶ月無料試用、HK$68/毎月

動作環境:オンライン

SparkはAdobe社に所属するオンライン画像編集のツールです。インターフェースとテンプレート機能を見てCanvaと似る所が多いようです。このオンラインツールにも、スマート画像透過の機能が内蔵されています。

画像で一回クリックして右に編集パネルが出てきます。「後景を削除」と書いた大きいボタンをクリックすれば、画像の後景を透過させることができます。続いて、そのボタンの一番上にある「不透明度」をスライダーで変えることで、残った内容全体の透明度を増やし、画像 透明化をすることができます。

画像透過をする方法:

Step1:Adobe Sparkの公式サイトからGoogleアカウントで編集ツールに入ります。

Step2:画像や写真を取り込んでクリックして、機能パネルの「後景を削除」のボタンをクリックし、「不透明度」のスライダーで全体の透明度を調整します。

Step3:成功に処理した透過画像をSparkから出力します。

 

10.Make transparent background images online

transparent image online

料金:無料

動作環境:オンライン

このツールも各種の画像編集ツールの集合です。その中の画像 透過のツールは動作原理も近似色の領域を透過させるということです。このサイトのインターフェースは簡素に見えますが、実際に同系色で画像透過をするツールを使用する際、完成度は高いと感じます。「Color Stength」のスライダーで色の類似程度を円滑的に決められます。ウェブツールですが、操作へのリスポンスは結構速くてフリーズの状況はほぼないです。

画像透過をする方法:

Step1:画像をアップロードします。

Step2:下にある「Color Stength」のスライダーで色の近似の度合いを決め、画像で一つの色をクリックして、その色と類似の色を持つ内容を画像から透過させます。「Reset Image」のボタンで処理の失敗した画像を最初の状態に復元できます。

Step3:成功に透過した画像をPNGあるいはJPGとしてダウンロードします。

 

まとめ

画像 透過処理をする際、ネットで画像 透過 フリーソフトを探すユーザーは少なくないでしょう。今回で紹介した画像透過ツールで、ほとんどの画像や写真に対して透過処理をすることができます。無料で利用できるものもあります。

自動処理の機能はそれぞれのツールが精度や対応できる画像タイプが多少で違います。手動での透過機能を提供するツールはそれぞれ考慮があって、かなり多い仕様の手動モードを提供していますね。時間あれば、どれが自分に一番ぴったりするかぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください